デリケートゾーンを守るための基礎知識|相談しづらい悩み

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

クリニックで相談

水着の女性たち

女性は生理があるので、経血が原因で、デリケートゾーンのかゆみやムレが発生してしまいます。かゆみやムレを改善したいなら、こまめに下着やナプキンを替えたほうが良いです。おりものや経血が付着した状態だと、どうしてもムレてしまいますし、雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。また、ショーツも通気性が良い綿素材などのほうがムレにくくなります。かゆみやムレが、デリケートゾーンの病気の場合もあるので注意しておいたほうが良いです。カンジダ膣炎になると、おりものの異常やかゆみなどの症状が起きて、痛みが発生するときもあります。カンジダ膣炎を性病と思っている方も多いですが、実際は免疫力が低下したり、抗生物質を服用したりすることでカンジダ膣炎になるのです。軽度の場合は、放置していても自然に治りますが、重度の場合は治療薬を服用する必要があるのでかゆみが強いときは医師に相談したほうが良いです。

デリケートゾーンを清潔にすることは大切ですが、洗いすぎてしまうと逆効果になってしまうので気をつけるべきです。刺激が少なく、良い細菌を殺さないような専用の石鹸を使用すれば、安心してデリケートゾーンをケアすることができます。デリケートゾーンを洗うときは、専用の石鹸をしっかり泡立てることが大切です。泡立てることによって、肌に行き渡りやすくなりますし、肌にも優しくなります。また、最後にしっかり洗い流すということも大切です。通常のボディソープやシャンプーの成分が陰部に付着して、洗い流せていなかったというケースも多いので、注意したほうが良いです。