デリケートゾーンを守るための基礎知識|相談しづらい悩み

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

臭いを解消

困る女性

デリケートゾーンの悩みの中でも、特に多いのが臭いです。汗や尿、経血などさまざまなものが付着するので、雑菌が繁殖しやすく、臭いが出やすくなってしまうのです。ジャムウソープなどを使って、しっかりケアをしていれば臭いを抑えることができます。

もっと読む

黒ずみの原因

お尻

ショーツの締め付けが強いと、デリケートゾーンが黒ずんでしまうので注意したほうが良いです。レーザー治療でメラニンを破壊したり、クリームや石鹸でケアをしたりすることで、黒ずみをなくすことができます。

もっと読む

クリニックで相談

水着の女性たち

デリケートゾーンのかゆみやムレは、カンジダ膣炎が原因の可能性もあります。病院でもらった薬を服用することで、カンジダ膣炎は改善できます。デリケートゾーン専用の石鹸を選ぶときは、刺激が少ないものを選ぶと安心です。

もっと読む

正しいケア方法

寝転ぶレディ

デリケートゾーンの悩みの中でも多いのが、臭いやかゆみ、ムレ、の3つです。デリケートゾーンは、肌の中でも特に薄いnで、外部からの刺激やストレスに弱く、このようなトラブルが発生してしまうのです。このようなトラブルを発生させないためにも、デリケートゾーンを正しく洗うことは大切です。基本的な洗い方は、指の腹を使って優しく洗うことです。スポンジやタオルを使ってしまうと、大きな刺激を受けてしまうと、黒ずみやかゆみなどを発生させてしまうのです。指の腹を使って、陰毛裏や性器部分を洗って、最後は洗い残さないように水で流していきます。また、熱いお湯で洗うのも避けたほうが良いです。熱いお湯も、デリケートゾーンの刺激の1つになってしまうので、38度程度のぬるま湯を使うようにすれば安心です。スキンケアをして、肌を保湿するように、デリケートゾーンも保湿する必要があります。潤いを与えてあげて乾燥を予防すれば、さまざまなトラブルも防ぐことができます。

デリケートゾーンに湿疹ができる場合は、病気の可能性があるので気をつけたほうが良いです。性器ヘルペスや梅毒、疥癬などの性病にかかってしまうと、デリケートゾーンに湿疹が発生してしまいます。性病ヘルペスの場合は、1度感染してしまうと、完治しない病気なので予防が重要になります。性病は、自分自身では気づきにくいものなので、気になる人はクリニックで検査を受けるようにしたほうが良いです。